クロス集計システム MCS 単純集計(全体値のみの集計表、GT表とも呼ばれています)をはじめ、性別や年齢といった属性質問との属性クロス集計を、アクロスが独自開発したクロス集計システム「MCS」でスピーディーかつ正確にご提供いたします。

 

アクロスのクロス集計MCSが選ばれる5つのポイント

 

ポイント1 整合性のとれたデータによる正確な集計
データの入力方法は、高精度なエントリー・ベリファイ方式を採用。回答条件のある質問でのチェックや、回答者の属性と属性質問での回答内容のチェックなど、調査票ごとに論理チェックプログラムを作成していますので、どのような調査票でも整合性のとれたデータで集計をすることが可能です。

ポイント2 専属スタッフが最後までしっかりサポート
専属営業スタッフと専属システムスタッフが、最初から最後までしっかりサポートいたします。時系列の調査においても専属スタッフを変えるようなことはいたしませんので、いつでもお客さまのご要望に迅速にご対応いたします。

ポイント3 すべての業務に対して専用システムを作成
アクロスではご依頼いただいた業務に対して、すべて専用のシステムを作成しています。何時いかなる時に追加の入力データ、追加の集計処理や時系列データの集計等が発生しても、迅速かつ同一のアウトプットがいつでも出力できるように対応しています。

ポイント4 多重クロス集計もスピーディーに作成
全体の集計結果の他に、都道府県別の集計結果が必要なケースがあるかと思います。47都道府県分の集計を行う大変な作業ですが、アクロスのクロス集計では、ボリュームが多くなってしまう多重クロス集計も素早く作成・ご納品することが可能です。

ポイント5 レポート作成を手助けする納品形態
アクロスのクロス集計表は、エクセル形式をはじめ、紙出力することも可能です。また、レポート作成の際に、「グラフ作成用にクロス集計の数値のみが欲しい」といったご要望にも応えるため、クロス集計表のCSVファイル形式のご納品も可能です。

 

MCS クロス集計表アウトプット サンプル

 

当社推奨のMicrosoft Excelによるアウトプット見本です。
%(構成比)の算出方法は、無回答の件数も含めた全数母数と、無回答の件数を除いた有効回答母数のどちらでも算出可能です。(特にご指示がない場合は、全数母数で算出しております)

 

件数+%表
件数+%表・クロス集計表サンプル

上段に件数、下段に%(構成比)が表示されるパターンです。

 

件数表
件数表・クロス集計表サンプル

件数のみ表示されるパターンです。

 

%表
%表・クロス集計表サンプル

%(構成比)のみ表示されるパターンです。

 

クロス集計についてのお問い合わせはこちら